メニューを表示する

担い手 のすべての投稿

レポート|ぬまトーークvol.19

ぬまトーークvol.19

人を想うことから障がい福祉について考えてみる一夜

タイムライン

テーマ「“人を想う”とは?〜障がい福祉から考える〜」
19:00 開会
19:10 自己紹介
19:20 ゲストトーーク「障がい福祉の現場にいらっしゃる方のお話を聞く」
20:05 感想共有
20:15 グループトーーク「私と障がい福祉」
20:50 クロージング
21:05 終了

レポート

8/18(水)に「”人を想う”とは?〜障がい福祉から考える〜」をテーマにオンラインにて開催しました!

ゲストに「一般社団法人コ・エル」の吉田美夏さんと「社会福祉法人洗心会」の尾形健浩さんをお呼びし、”人を想うとはどういうことか”を障がい福祉の視点を交えながら考えていきました。

そして今回の企画協力者は、尾形さんと同じ「社会福祉法人洗心会」で働く、ぬま大学第4期生の金野諒さん。施設の利用者さんをターゲットに「利用者さんが地域の中で自分の生きがいを見つけること」を目指したマイプランをつくりあげ、これまで活動してきました。

福祉があまり身近でない方にも障がい福祉について知ってもらい、より関心を持っていただきたいという金野さんの想いから生まれた今回のテーマには、22名もの方が集まってくださいました。(満員御礼、ありがとうございました!)

参加者の皆さんの障がい福祉との関わりは「これまで関わる機会はあまりない」方が55%、「仕事や暮らしの中で関わったことがある」方が45%でした。
ですので、まずは事務局から「障がい福祉とは何か」を簡単にご説明した上でゲストトーークに移っていきます。

ゲストトーークでは、どんな仕事をしているかを踏まえながら自己紹介をしていただいた後、障がい福祉に関わるきっかけをお話しいただきました。

吉田さんは、小学生の時に時々一緒に授業を受けないクラスメイト(特別支援学級)の姿に「どうしてだろう?」と疑問を持つようになったことが最初のきっかけとなり、そこから「もっと知りたい!」という気持ちを原動力に福祉の世界にのめり込んでいったと言います。
また、尾形さんは知り合いからのお誘いがきっかけで従事するようになったそうです。従事する前は、障がい福祉は社会課題の一つとして見えていたものが、支援をしていく中で障がい福祉を少しずつ理解するようになり、障がいを持つ方に対する社会の目線に違和感を感じるようになるなど、ご自身の変化を感じているそうです。

そして、お仕事で人とコミュニケーションをとる時に大切にしていることもお伺いしたのですが、お二人の「その人を想うからこそ、その人のできる力を信じ、見極め、先回りしてやりすぎないこと」や「その方にあった接し方を、当事者の方の背景はもちろん、当事者の方を取り巻く周りの方達まで広げて想像し、模索する」という心がけは、参加者の皆さんの印象に強く残ったようです。

お二人のお話を聞きながら、”自分にとって人を想うとは何か”を巡らせていた参加者の皆さん。
ゲストトーークの感想共有では、「わからないことはあるけど、”人との関わり”としては同じだから、特別なものとして構えすぎずゲストのお話を聞いていました」といった声がありました。また、自身の経験を振り返りながら障がい福祉との身近な接点や、いつから身近でなくなったのかなど、思考を巡らせていました。

その共有を踏まえて「私と障がい福祉との関わり」をテーマに、参加者の皆さんでグループトーークしていきます。
これまでの人生における自分と障がい福祉との関わりを振り返りながら浮かんできた疑問を投げ合ってみたり、当事者との関わりをどうしたらいいかを考えてみたりと、様々な思いを吐露しあう時間となりました。

そして最後に、この時間を経て参加者の皆さん一人ひとりが考える「人を想うとは?」を共有し合いました。

会の締めには、ゲストのお二人から「障がいはくっきりと線引きできるものではないことを気づいていただけたり、こうやって考えていただけたおかげで障がいとの距離がぐっと近づいたのではないかと思います」「人を想うとは、無関心でいないこと。障がい者の方が関わるニュースを見るたび、この出来事は誰かが関心を持っていただくだけで防げることもあるのではと感じています。今日は20名もの関心を寄せてくださる方に出会えたことを嬉しく思います」という言葉をいただき、会は終了しました。

そして、きっと参加者の皆さんは、「人を想うとは?」という問いや障がい福祉との関わりについて、この時間だけでなくこれからも、ぐるぐると考え続けていくのではないでしょうか。

今後もぬまトーークは、様々なテーマで開催していきます。
次回のぬまトーークはどんな時間になるのか、
次回もお楽しみに◎

参加者の声

●無関心にならない、先回りの支援をしない、見極めることができるように学び続けるなどなど、自分にとっても大切な言葉をたくさん教えていただきました!また、皆さんのお話を聞いて、「『普通』ってなんだろう?」とか「『当たり前』ってなんだろう?」とか、すごく考えさせられました。

●思い込みを取り除いたコミュニケーションを通じて、相互理解を図ろうとする姿勢が大切だなと考えました。

●障がい福祉の現場で活動されている方の実体験や、これまでの経験を元にした考え方や着目点というものが大変印象的でした。また、トークの中で、障がいを持つ方との関わり方の難しさについて触れた際に、『まずは知るところから』という発言が強く印象に残りました。さまざまな障がいを持つ人がいて、性格や行動、発言等本当にいろいろな人がいる、そうしたことをまずは知るところから始めるのも一つの関わり方であると感じました。

2021.9.9 ぬま塾vol.29「スローフード気仙沼 理事長 菅原昭彦氏」

ぬま塾vo.l.29


【大事なお知らせ】
市内の新型コロナウイルス感染状況により、当初は「オフライン」での開催を予定していましたが、「オンライン」での開催に変更いたします。(2021/8/23)


\気仙沼について知ろう!/
ゲストから気仙沼についてお話を聞く学びの場

太平洋に面したリアス式海岸をもつ気仙沼は、
栄養豊富な海から1年中多様な魚介類の恵みをいただき、楽しむことができます。
それだけではなく、山々と豊かな土壌が育んだ農産物もあります。

どの食材も生産者の顔が見え、
採れたての食材に囲まれている気仙沼は、
2003年に日本で初めて”スローフード都市宣言”を行なった、
豊かな食文化が息づいているまちです。
さらに、食を中心とした持続可能なまちづくりが高く評価され、
2013年には日本初の”スローシティ”認証を受けました。

そんな気仙沼の道のりを語るのに外せないキーマンのお一人が、
今回のゲストである菅原昭彦さんです。
菅原さんは、市民団体「スローフード気仙沼」理事長であり、
市内の伝統ある酒屋「男山本店」の代表取締役社長です。

一方で、スローフードってそもそもなんだろう?、
持続可能なまちづくりとスローフード、スローシティのつながりは?
と思う方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、
菅原さんから「スローフード、スローシティとは何か」を教えていただきながら、
食をきっかけとしたまちづくりへの想いとこれまで取り組まれてきたことをお話しいただきます。

「美味しい!」を感じる幸せからちょこっと視点を伸ばして、
気仙沼の持続可能なまちづくりをのぞいてみませんか?

ゲスト

(株)男山本店 代表取締役社長/スローフード気仙沼 理事長/気仙沼商工会議所 会頭
菅原昭彦氏

日本酒「蒼天伝」醸造元(株)男山本店代表取締役。気仙沼商工会議所会頭として津波で壊滅的な被害を受けた市域の復旧・復興、産業再生に取り組むとともに、持続可能な循環型地域社会の実現を目指して、食産業の振興など「食」をテーマとした活動やスローフード運動を展開している。また、(一社)気仙沼地域戦略の理事長としてデータに基づいた観光マーケティング実践やまちづくり会社気仙沼地域開発株式会社の社長として気仙沼市内湾地区の観光商業施設の運営を行っている。

▽ぬま塾リニューアルのお知らせ
https://numa-ninaite.com/2021/06/11/2021-06-11_numajuku/


『ぬま塾vol.29』

【概要】

  • テーマ  :持続可能なまちづくり〜スローフード、そしてスローシティへ〜
  • 日にち  :2021年9月9日(木)
  • 時間   :19:00〜20:30
  • 開催方法 :オンライン(Zoom)
          ※社会情勢を鑑み、オンラインに開催方法を変更いたしました。
  • ゲスト  :菅原昭彦氏
          ((株)男山本店 代表取締役社長/スローフード気仙沼 理事長/気仙沼商工会議所 会頭)
  • コンテンツ:ゲストのお話を聞く+参加者同士で感想共有
  • 対象   :10〜30代(という気持ち)の方
  • 定員   :30名程度(先着順・要申し込み)
  • 参加費  :無料
  • 申込み  :googleフォームによる事前申し込みが必要です。
  • 申込み期日:2021年9月8日(水)正午まで
  • 主催   :気仙沼市
  • 企画・運営:合同会社colere

【お申込みについて】

  • 事前のお申し込みをお願いいたします。下記のgoogleフォームにアクセスしてお申し込みください。
    ※9/8(水)18:00までに【info@numa-ninaite.com】より当日のご案内のメールをお送りいたします。メールが届いていない場合、まずは、【迷惑メール】に届いていないかご確認くださいませ。
    https://forms.gle/bWGoAdARfJSPr52Z6

【イベントの最新情報はこちらから】

【お問い合わせ】

  • 合同会社colere
    MAIL:info@numa-ninaite.com
    WEB:https://numa-ninaite.com/

  • 気仙沼市地域づくり推進課
    TEL:0226-22-6600(内線335)

2021.8.18 ぬまトーークvol.19「“人を想う”とは?〜障がい福祉から考える〜」

ぬまトーークvol.19


【大事なお知らせ】
市内の新型コロナウイルス感染状況により、当初は「オフライン」での開催を予定していましたが、「オンライン」での開催に変更いたします。(2021/8/14)


\気仙沼についてみんなで語ろう!/
テーマについて仲間と一緒にわいわい語り合う2時間

あなたが「人を想う」瞬間は、どんな時ですか?

家族、恋人、職場の人、お友達にご近所さん。
身近な人を笑顔にしたいという気持ちが思い浮かびます。

ひとりひとりが人を想って暮らすこと。
それが「誰もが暮らしやすい気仙沼」につながるのではないかなと思います。

今回は「障がい福祉」の観点から、
そんなことをちょこっと考えてみるお時間をご用意しました。

この日は、障がい福祉の現場で働くお2人をゲストにお招きし、障がいを持つ方と向き合う“想い“を伺っていきます。

「障がい福祉」がなかなか身近でない方も、少し身近な方も、日々向き合っている方も。
“障がい“について知ることからはじめながら、「人を想うとは?」を、一緒に考えてみませんか?

ゲスト

一般社団法人コ・エル 吉田美夏さん
震災後に、障がい福祉事業を行う「コ・エル」の法人設立に理事として関わり、就労移行支援業所を開所。現在は相談支援専門員として子どもから大人まで様々なケースの相談支援を行う。また、保護司としても活動している。

社会福祉法人洗心会 尾形健浩さん
主に知的障がいを持つ方の入所施設や通所施設などを運営する「洗心会」勤務。現在、グループホームのサービス管理責任者として、障がいを持つ方が地域で生活を送るための支援を行う。初級障がい者スポーツ指導員でもある。

企画協力

6ヶ月間のまちづくり実践塾「ぬま大学」
社会福祉法人洗心会
第4期卒業生 金野諒さん


『ぬまトーークvol.19』

【概要】

  • テーマ  :”人を想う”とは?〜障がい福祉から考える〜
  • 日にち  :2021年8月18日(水)
  • 時間   :19:00〜21:00
  • 開催方法 :オンライン(Zoom)
          ※社会情勢を鑑み、オンラインに開催方法を変更いたしました。
  • ゲスト  :吉田美夏さん(一般社団法人コ・エル)
          尾形健浩さん(社会福祉法人洗心会)
  • コンテンツ:テーマについて知る&語る
  • 対象   :10〜30代(という気持ち)の方
  • 定員   :20名程度(先着順・要申し込み)
  • 参加費  :無料
  • 申込み  :googleフォームによる事前申し込みが必要です。
  • 申込み期日:2021年8月17日(月)正午まで
  • 企画協力 :ぬま大学第4期生 金野諒さん
  • 主催   :気仙沼市
  • 企画・運営:合同会社colere

【お申込みについて】

  • 事前のお申し込みをお願いいたします。下記のgoogleフォームにアクセスしてお申し込みください。
    ※8/17(火)18:00までに【info@numa-ninaite.com】より当日のご案内のメールをお送りいたします。メールが届いていない場合、まずは、【迷惑メール】に届いていないかご確認くださいませ。
    https://forms.gle/nGdfwBo25zbKmBzg9

【イベントの最新情報はこちらから】

【お問い合わせ】

  • 合同会社colere
    MAIL:info@numa-ninaite.com
    WEB:http://numa-ninaite.com/

  • 気仙沼市地域づくり推進課
    TEL:0226-22-6600(内線335)

レポート|ぬま塾vol.28

震災から10年。
気仙沼の復興と今をデータから知ろう!

タイムライン

19:00 開会
19:10 ゲスト講話
19:40 ゲストとのトークセッション「データで見る、復興10年〜住まいと産業〜」
20:30 クロージング
20:35 終了

レポート

7/13(火)に気仙沼市役所ワン・テン庁舎 大ホールにて開催しました。

参加者はなんと満員御礼の30名。

そしてこの日のゲストは、気仙沼市 震災復興・企画部長 鈴木哲則さん。お話のテーマは「震災から10年。気仙沼の復興と今をデータから知ろう!」でした。
部長がお得意な「データ」を活用しながら、気仙沼の復興10年と現状、今直面している課題や市の取り組みについてお話ししていただきました。

まず鈴木部長から気仙沼の現状として、気仙沼の基礎情報をお伝えしつつ、震災と復興についてお話しいただきました。また、今後の市としての課題を踏まえながら、これからの気仙沼はどのように対策を打っていかねばならないかをお話しいただきました。

“海と生きる“気仙沼は、やはり水産業がまちの産業の柱となっています。しかし、人口減少による労働人口の減少や大元である水産業の担い手不足と行った課題があります。だからこそ、移住・定住支援や他の産業の創出に力を入れています。

そんな気仙沼の状況が理解できてきたところで、鈴木部長と事務局矢野とのトークセッションに移ります。

震災により甚大な被害を受けた「住まい」と「産業」にスポットを当て、関連するデータを読み解いていきました。

まずは震災で、市内の40%である26,000棟の家屋の倒壊があった気仙沼で、どのように市民の方の生活基盤となる住まいを再建していったかを辿ります。
震災前のコミュニティを残しながら、どのように安全で新しい場所に市民の住まいを移していくかが課題だったそうです。また、集団での移転が難しい方、集合型災害公営住宅に住む方々の新しいコミュニティづくりも大きな課題のようです。
この課題については、地域の担い手づくりなどを行い、自治力を高めていきたいとのことでした。

続いては、産業です。
震災前後の「水産加工品生産高」のデータから、とても興味深い変化が読みとれました!
水産・水産加工業の担い手不足が課題としてあるものの、震災10年を経て「水産加工品生産額」は震災前の「9割」まで回復しているそう。一方で、「水産加工品生産量」としては、まだ震災前の「6割程度」の回復。つまり、震災後、水産加工業の方達が自社製品のブランド化などの工夫を進めることによって高い利益率を出しているということなんだそうです!

また、このようにどの産業も収益をあげ高い利益率を目指していくことは働く人の賃金アップにもつながり、気仙沼で誇りを持って働ける若者を増やすことにもつながるため、今後も重要視していきたいとお話しされておりました。

そして、Uターンが見込める年代の女性のUターン率が落ちていることをデータとして見せながら、女性が地元で働きたくなる産業の創出も同時に行っていかないといけないとのことでした。
そのために、企業誘致や新規産業の創出も行っているようです。

そんなトークセッションも終わり、最後に鈴木部長から
「私としては人口減少が特に課題意識があり、なぜかというと人口減少はその人口を養うための経済力がまちに不足していることを示しているからです。そして、賃金の格差がある中で、働く方が生き生きとし、郷土に誇りが持てるような産業づくりを目指していきたいです。なので若者の皆さんには多少失敗してでもなんでもチャレンジしていき、モチベーション高くこのまちで働き、暮らして欲しいです」
とコメントをいただき、会は終了しました。

これを機に、気仙沼のことや市の取り組みが気になった方は、『第2次気仙沼市総合計画』を読んでみてはいかがでしょうか?
後期基本計画は秋頃公開予定です◎
▽第2次気仙沼市総合計画
https://www.kesennuma.miyagi.jp/sec/s019/020/020/020/111/20180222151136.html

次回のぬま塾は9月を予定しております!次回もお楽しみに〜!!

参加者の声

●震災後10年の気仙沼の状況をデータという側面から改めて考えることができました。今後の気仙沼についても見えてきました。

●震災前後を比較しながら気仙沼の現状や課題について知ることができました。人口減少という根本的な課題がいろいろな課題に繋がっていると思いました。

●水産加工生産高の数字について、400億以上の減少から9割まで回復させている現実があることに感動しました。

2021.07.09-08.06 ぬま大学ラボ第3期参加者募集

ぬま大学第7期募集チラシ

テーマ型まちづくり勉強会“ぬま大学ラボ”の第3期参加者を募集いたします!

ぬま大学ラボとは?

ぬま大学ラボは、気仙沼に暮らす様々な立場の人が集まり、これからのまちづくりに大切なテーマについて深めていくプログラムです。
テーマについて興味を持った参加者の皆さんと一緒に考え、学び、アクションしていく3ヶ月を過ごしてみませんか?

プログラム

●第1回 ワークショップ
 2021年8月29日(日)13:00-17:00 @PIER7 軽運動場
 参加者同士で、テーマへの想いや課題意識について共有することからはじめます。

●グループ活動期間
 テーマ毎に集まり、学びを深めていきます。各期間最低1回の集まりを予定しています。
 <学ぶ>
 2021年8月30日(月)〜
 テーマに関係する市役所担当課の方からお話を伺います。
 <動く>
 2021年9月13日(月)〜
 具体的なアクションとその振り返りを行なっていきます。
 <まとめる>
 2021年10月18日(月)〜
 これまでのプロセスで得た気づきや学びを個人・チームそれぞれでまとめていきます。

●第2回 ワークショップ
 2021年10月31日(日)13:00-18:00 @PIER7 軽運動場
 学びを報告しあいながら、これから各テーマにおいて、どんな未来が描けそうか話し合います。

※社会情勢に合わせてオンラインでの開催となる場合がございます。

テーマ

3つのテーマから1つ選んでいただきます。

●誰もがアートや表現活動を楽しめるようになるには?
絵、音楽、写真や身体表現。言葉以外の表現活動は、生きる上で大切にすべきものを気づかせてくれます。誰もが自由に多様に表現できること、そしてどんな表現も大事にされるまちへの第1歩を考えます。
ーお話を伺う課:生涯学習課

●子ども達が大人になったときに食の豊かさを語れるようになるには?
海と山の幸に恵まれた気仙沼。四季を感じ、生産者の顔が見える食は、美味しさと豊かさを届けてくれます。その豊かさを子ども達が次世代に語れるようになるために、今できることを探ります。
ーお話を伺う課:学校教育課・健康増進課

●地域ごとの価値を活かして、気仙沼の観光をさらに盛り上げるには?
観光名所や名産としては知られてないけど、地元の人が誇りに思う気仙沼の景色や食べ物があります。そんな暮らす人の視点で見た、気仙沼の魅力を観光に活かす方法を考えます。
ーお話を伺う課:観光課・地域づくり推進課

“ぬま大学ラボ”を詳しく知りたい方は、昨年のぬま大学ラボの様子をご覧ください。
▽ぬま大学ラボ第2期のレポートはこちら
http://numa-ninaite.com/2021/02/24/numalaboratory_02_vol1/


『ぬま大学ラボ第3期参加者募集』

【募集要項】

  • 募集期間 :2021年7月9日(金)~8月6日(金)
  • エントリー:下記のリンクにアクセスしてご応募ください。
    https://forms.gle/SMuiDoASfgC15wEF8
    ※応募多数の場合、選考にて決定。8/16(月)までに合否通知予定。
  • 応募条件 :「ぬま大学ラボ」の全3回のプログラムに参加できる方
  • 対象   :20~30代の市民
  • 参加費  :無料
  • 募集人員 :各テーマ7名程度
  • 選考方法 :エントリーフォームをもとに選考致します。

【エントリーの流れ】

  • 下記のリンクにアクセスしてご応募ください。
    https://forms.gle/SMuiDoASfgC15wEF8
  • ご応募が完了しましたら、事務局より2、3営業日を目安にエントリー受付のご連絡をいたします。
    ※メールが届かない場合【迷惑メールに届いていないか】をご確認の上、お手数ですが、【info@numa-ninaite.com】にお問い合わせいただけますと幸いです。
  • 8/16(月)までに合否通知をお送りいたします。

【関連ファイル】

  • チラシ(PDF)
  • 【お問い合わせ】

    • 合同会社colere
      MAIL:info@numa-ninaite.com
      WEB :http://numa-ninaite.com/
      TEL :0226-25-7377

2021.7.13 ぬま塾vol.28「気仙沼市 震災復興・企画部長 鈴木哲則氏」

\気仙沼について知ろう!/
ゲストから気仙沼についてお話を聞く学びの場

「私たちが暮らす気仙沼って、どんなまちだろう」
ふと、そう思うときはありませんか?

長年住み続けている方は
日々変わりゆく気仙沼を体感しながらも、
改めてどんなまちに変化したのかを知りたい、とか。

移住したての方は、
初めての目にする地元とは違う文化、街並みを見ながら
もっと気仙沼のことを知りたい、とか。

そんな方達にオススメしたいのが、リニューアルして生まれ変わった「ぬま塾」です。

思いを持ったゲストのお話を聞くことを通して、気仙沼を「知る」ことを大切にしているので、どなたでも気軽に参加いただけます◎

▽ぬま塾リニューアルのお知らせ
http://numa-ninaite.com/2021/06/11/2021-06-11_numajuku/

ゲスト

気仙沼市 震災復興・企画部長 鈴木 哲則氏
気仙沼市出身。平成元年市役所入庁。総務課(統計担当)、企画財政課、商工課・産業戦略課などの課と、産業部長を経て、今年度から震災・復興企画部長に就任。今回は、部長がお得意な「データ」を活用しながら、気仙沼の現状や今直面している課題と市の取り組みをご紹介していただく予定。


『ぬま塾vol.28』

【概要】

  • 日にち  :2021年7月13日(火)
  • 時間   :19:00〜20:30
  • 開催場所 :気仙沼市役所ワン・テン庁舎 大ホール
         (八日町一丁目1番10号 2階)
  • ゲスト  :鈴木 哲則氏(気仙沼市 震災復興・企画部長)
  • コンテンツ:ゲストのお話を聞く+参加者同士で感想共有
  • 対象   :10〜30代(という気持ち)の方
  • 定員   :30名程度(先着順・要申し込み)
  • 参加費  :無料
  • 申込み  :googleフォームによる事前申し込みが必要です。
  • 申込み期日:2021年7月12日(月)正午まで
  • 主催   :気仙沼市
  • 企画・運営:合同会社colere

【お申込みについて】

  • 事前のお申し込みをお願いいたします。下記のgoogleフォームにアクセスしてお申し込みください。
    ※7/12(月)18:00までに【info@numa-ninaite.com】より当日のご案内のメールをお送りいたします。メールが届いていない場合、まずは、【迷惑メール】に届いていないかご確認くださいませ。
    https://forms.gle/PNTbq6xHPo6AJPoeA

【イベントの最新情報はこちらから】

【お問い合わせ】

  • 合同会社colere
    MAIL:info@numa-ninaite.com
    WEB:http://numa-ninaite.com/

  • 気仙沼市地域づくり推進課
    TEL:0226-22-6600(内線335)