メニューを表示する

2021.8.18 ぬまトーークvol.19「“人を想う”とは?〜障がい福祉から考える〜」

ぬまトーークvol.19


【大事なお知らせ】
市内の新型コロナウイルス感染状況により、当初は「オフライン」での開催を予定していましたが、「オンライン」での開催に変更いたします。(2021/8/14)


\気仙沼についてみんなで語ろう!/
テーマについて仲間と一緒にわいわい語り合う2時間

あなたが「人を想う」瞬間は、どんな時ですか?

家族、恋人、職場の人、お友達にご近所さん。
身近な人を笑顔にしたいという気持ちが思い浮かびます。

ひとりひとりが人を想って暮らすこと。
それが「誰もが暮らしやすい気仙沼」につながるのではないかなと思います。

今回は「障がい福祉」の観点から、
そんなことをちょこっと考えてみるお時間をご用意しました。

この日は、障がい福祉の現場で働くお2人をゲストにお招きし、障がいを持つ方と向き合う“想い“を伺っていきます。

「障がい福祉」がなかなか身近でない方も、少し身近な方も、日々向き合っている方も。
“障がい“について知ることからはじめながら、「人を想うとは?」を、一緒に考えてみませんか?

ゲスト

一般社団法人コ・エル 吉田美夏さん
震災後に、障がい福祉事業を行う「コ・エル」の法人設立に理事として関わり、就労移行支援業所を開所。現在は相談支援専門員として子どもから大人まで様々なケースの相談支援を行う。また、保護司としても活動している。

社会福祉法人洗心会 尾形健浩さん
主に知的障がいを持つ方の入所施設や通所施設などを運営する「洗心会」勤務。現在、グループホームのサービス管理責任者として、障がいを持つ方が地域で生活を送るための支援を行う。初級障がい者スポーツ指導員でもある。

企画協力

6ヶ月間のまちづくり実践塾「ぬま大学」
社会福祉法人洗心会
第4期卒業生 金野諒さん


『ぬまトーークvol.19』

【概要】

  • テーマ  :”人を想う”とは?〜障がい福祉から考える〜
  • 日にち  :2021年8月18日(水)
  • 時間   :19:00〜21:00
  • 開催方法 :オンライン(Zoom)
          ※社会情勢を鑑み、オンラインに開催方法を変更いたしました。
  • ゲスト  :吉田美夏さん(一般社団法人コ・エル)
          尾形健浩さん(社会福祉法人洗心会)
  • コンテンツ:テーマについて知る&語る
  • 対象   :10〜30代(という気持ち)の方
  • 定員   :20名程度(先着順・要申し込み)
  • 参加費  :無料
  • 申込み  :googleフォームによる事前申し込みが必要です。
  • 申込み期日:2021年8月17日(月)正午まで
  • 企画協力 :ぬま大学第4期生 金野諒さん
  • 主催   :気仙沼市
  • 企画・運営:合同会社colere

【お申込みについて】

  • 事前のお申し込みをお願いいたします。下記のgoogleフォームにアクセスしてお申し込みください。
    ※8/17(火)18:00までに【info@numa-ninaite.com】より当日のご案内のメールをお送りいたします。メールが届いていない場合、まずは、【迷惑メール】に届いていないかご確認くださいませ。
    https://forms.gle/nGdfwBo25zbKmBzg9

【イベントの最新情報はこちらから】

【お問い合わせ】

  • 合同会社colere
    MAIL:info@numa-ninaite.com
    WEB:http://numa-ninaite.com/

  • 気仙沼市地域づくり推進課
    TEL:0226-22-6600(内線335)