メニューを表示する

“ぬま大学”とは

ぬま大学第2期 vol.3

「やりたい」をかたちにする半年間の実践塾。

「気仙沼で何かやってみたい」そんな想いをもつ若者が、約半年間、6回の講義を通して、自らが気仙沼で実行するプラン(=マイプラン)を作り上げていくプログラム。すでに地域で活躍されている先輩起業家や活動家を「まちの講師」として迎え、アドバイスをもらいながら、受講生自身がマイプランの作成に取り組んでいきます。「自分を知ること」「地域を知ること」を大切にし、受講生同士が切磋琢磨しながら、受講生と気仙沼、それぞれが輝くマイプランの作成を目指します。

ぬま大学でやること

作成したマイプランを発表&フィードバック

各回の講座では、作成したマイプランを発表し、受講生同士でフィードバックやアドバイスを送りあう「相互メンタリング」を中心に開催します。

ぬま大学第2期 vol.2
「まちの講師」からの講話やアドバイス

毎回様々なゲストの活動や想いを聞いたり、マイプランに対してアドバイスをもらう機会を作ります。

ぬま大学第2期 vol.2
完成したマイプランを発表

半年間の講座の最後には「最終報告会」を開催し、これまでの講義を通して作成したマイプランを広く市内外の方に発表します。

ぬま大学第1期 最終報告会 2015

マイプランとは?

自分自身の中にある「やりたい」や、「もっとこうなったらいいのに」という想いを整理し、その想いと地域を繋げながら、自分が思い描く未来を具体化し、小さく実践していくための手法を“マイプラン”と呼んでいます。
マイプラン作成の流れ

ぬま大学、ここがポイント

  • 気仙沼はもちろん、市内外の地域で活躍する若手起業家・活動家の貴重なお話を聞くことができます!
  • 受講生一人一人に担当コーディネーターがつき、マイプラン作成の過程を手厚くサポート。卒業後も実践に向けた活動をサポートします!
  • 互いに励まし合える仲間、支えてくれる仲間、一緒に活動する仲間、そして貴重なアドバイスをくださる先輩方と出会うことができます!