メニューを表示する

担い手育成支援事業とは

ぬま大学第2期 特別セミナー

気仙沼の若者、集え!

担い手育成支援事業では、気仙沼に住む10~30代の若者を対象に、「気仙沼の地域や人を知りたい」「同世代とまちについて話してみたい」「気仙沼で何か自分でやってみたい」という気持ちを応援し、形にするプログラムを行っています。

このプログラムを通して、自己成長に繋がる学びを得る、新たな仲間と出会いそれぞれのやりたいことを仲間とともに深める、地域の魅力や課題を発見し、気仙沼に住む若者一人一人が成長し、“やりたい”気持ちを形にすることにより、地域に関わる若者、地域で活躍するまちづくりの担い手を育みます。

担い手の背景

震災前には、まちづくりに参加、参画の少なかった若い世代が、震災を契機としてまちづくりに関わる事例が増えている。このことから、こうした意欲ある若い世代が交流、議論する機会をつくるとともに、具体的な実践活動のサポートを通じてまちづくりの担い手育成を行う。
「気仙沼市震災復興計画事業No.193 まちづくりの担い手育成」より

担い手の事業内容

ぬま塾・・・・・・気仙沼で活躍している先輩の話を聞こう!
ぬまトーーク・・・気仙沼についてみんなで語ろう!
ぬま大学・・・・・「やりたい」をかたちにする半年間の実践塾。
ぬま歩き・・・・・地域の「あるもの探し」をはじめよう。
ぬまかい・・・・・気仙沼の高校生、一緒に語ろう!

ninaite_projects